読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疑念は探究の動機であり、探究の唯一の目的は信念の確定である。

2016年9月から2017年6月までロシアのサンクトペテルブルク大学に遊学(私費留学)します。数学の哲学や論理学やHyper doctrineやHomotopy Type Theoryを学びに行きます。ロシアの生活から勉強についていろいろ書きたいと思います。どんなことでも何かコメントいただけるとうれしいです。特に、勉学のことで間違いなどあったらご指摘いただけると幸いです。 よろしくお願いします。くりぃむのラジオを聴くこととパワポケ2が人生の唯一の楽しみです。あと、ロシア人の悪口をボロクソに書きますので。

ペテルブルクの治安について

ロシアの日常

みなさん、こんにちは。どうも、僕です。

 

今日はロシアに行く人たちが気になっている、ロシアの治安について書きたいと思います。

 

私はサンクトペテルブルクにしか住んだことはありませんので他の都市の治安についてはわかりません*1。ですが、ペテルブルクの治安について少しでも参考になれば幸いです。

 

昨日たびレジから犯罪情報が届いた。

といっても、私は留学するにあたってたびレジに登録しました。これに登録することによって住んでいる海外の情報を定期的にもらえることができます。

実は昨日たびレジからペテルブルクでの最新の犯罪情報(PDF)が届いたので、これを参照してください。

Dropbox - たびレジ_ペテルブルクでの事件_平成28年度10月から12月.pdf

 

たびレジさん。すいません。ですが、これからペテルブルクに行くという人のために

です。あくまでも。

 

上の犯罪データについては特にコメントはありません。他の外国と比べて、また他のロシア国内に比べて凶悪犯罪が多いのかどうか、ひったくりなどの窃盗が多いのかどうか-----それらについては私は調べていないのでなんとも言えません。

しかし、このデータから言えることは、特にわれわれ外国人は置き引きやスリに気をつけるべきであるということでしょうか。それらが発生した場所もネフスキー大通り(ペテルブルクで1番の大通り)やペテルゴフなどの観光名所や地下鉄ですので、人がたくさんいるそのようなところでは常に気を引き締めて行動するということでしょう。

 

個人的な感想

しかし、基本的にはスリや強盗などの治安についてはそれほど気にしなくてもいいと思います(というか、日本があまりに治安がいいので、わたしたちは常日頃周りを注意する習慣などありませんし、むしろいかなる海外に行ったとしても、窃盗などに合わないために常に周りを注意することは常識です)。

 

しかし、あえて私からアドバイスがあるとすれば、道を歩いているときはできるだけロシア人と目線を合わせるべきではないということが挙げられます。特にロシア人男性とは目線を合わせない方がいいと思います。

 

というのも、のちのロシア人あるあるで書こうと思っていますが、たまにですが突然「たばこあるか?」などと連中から声をかけられることがあり、ちらっとでも目線を合わせていると声をかけられる可能性がさらに高まるからです。

端的にいうと、目線を合わせていると急に声をかけられることがあるので、目線は合わせない方がいいということです。また、もしも急に話しかけられても、無視してください。何も聞こえていないふりをして反応しないでください。

 

女性に対してはちらっと目線を合わせても問題はありません。私はロシア人女性の観察のために(本音は綺麗なロシア人女性を見つけるために)道を歩いているときチラチラ見ていますが特に問題はありません、今のところ。たいして男性に対しては若干問題があると思います。

 

 もちろん、ご飯を注文するときなどこちらから何かを話したいときは、ちゃんと目線を合わせて話しましょう。

 

 ---------------------------------

f:id:yoheiwatanabe0606:20170129035343j:plain

From Facebook: Глава администрации Белорецка сообщил о новых рабочих местах
¯\_(ツ)_/¯

おそらくロシア人はこの絵文字を見てもなんとも違和感がないのだろうけれども、われわれ日本人は自然と「ツ」に意識してしまうからなんかおかしな絵文字だなと思ってしまう。

おそらくそれはわれわれ日本人が(°Д°;(驚きの表情)をみても普通に感じてしまうのに対して、ロシア人は自然と「Д」に意識してしまって少しおかしなものに見えるのと同じなのだろう。

 

*1:サンクトペテルブルク(Санкт-Петербурк)は正式名称ですが普通ペテルブルク(Петербург)か愛称のピチェル(Питер)と呼ばれます。以後ではペテルブルクと書きます。

久々の更新(今後の予定)

その他(others)

みなさん、お久しぶりです。お元気ですか。私は元気です。

 

2ヶ月以上更新を怠ってしまいすいません。

やはり、私はブログは合わないですね。ブログの使い方も忘れてしまいましたし。それにそもそも書くことは苦手で大変です。

 

この2ヶ月間は歯が取れてしまったので歯医者に行ったり、風邪をひいてしまい大変でした。もちろん、肝心の勉強は適当にやっています。人間、場所や状況が変わっても性根は何も変わらないんだなとつくづく思っています。

 

ブログのネタは大量にあるので、今後の記事の予定を以下に書きたいと思います。

f:id:yoheiwatanabe0606:20170127220106j:plain

 

 

1. ロシア・ロシアの生活

ロシアでの生活やロシアあるある・ロシア人あるあるを書こうと思います。といっても、ロシア人あるあるは期待しないでください。そもそも私はすべてのロシア人を信じていませんし、未だに向こうで友達ができませんから。

1.1 ロシアでの生活

  • ロシアへ行く前の準備(1~3回をめどに)

(1) 部屋の解約手続き(NHK・水道・ガス・電気)

NHKの解約のためには、テレビをリサイクルしたことを示す領収書がなくてはならない。そのように職員は言いました。

洗濯機と冷蔵庫の回収もしなければならないです。

(2) (休学手続き)

書類のサインや親のサインが必要です。

(3) ビザの申請

慣れれば難しくないと思いますが、最初は大変です。もし、旅行でロシアに来るならば、お金は上乗せされますが、旅行代理店の人にビザの申請は任せたほうがいいと思います。

(4) デビットカードの入手

私がつくったのはりそな銀行新生銀行デビットカードです。

(5) 国際郵便(SAL便)

荷物を送るためには中身を現地語(ロシア語)か英語で記載しなければなりません。日用品にかんする英単語をまとめて書きます。ちなみにのちにくわしく述べるように荷物はあまり重くしないほうがいいです(10kgぐらいは普通にOK)。また、私のようにたくさんの本を持って行こうとはしないほうがいいです。向こうで検閲されて、超過料金を取られます。

持って行ってよかったものおよび持って行くべきだったものも合わせて書きます。

(6) 飛行機のチケット・高速鉄道のチケットの予約

 

ビザの申請・飛行機の乗りかた・高速鉄道の乗りかた

 

  • お金に関すること(1~4回めど)

海外に到着して一番最初にしなければならないことはSIMカードの交換です。しかしSIMカードについて私は言及することはできません。なぜなら、私の手違いによって私の携帯は別のSIMカードが使えなかったからです。ですので、お金についてブログで書きます。

(1) 現地のATMの使いかた(おろしかた)

(2) 大金のおろしかた

例えば、学費や家賃を払うためには大金が必要です。少しずつおろすことももちろんできますが、そうするとたくさんの手数料を払わなくてはなりません。できるだけ一気にお金をおろす方法を教えます。正確に言えば、一度に大金(20万ルーブル)をおろそうと試みたけれども、なぜかうまくいかず、結局マックスで4万ルーブルしかおろせなかった話をします。

 

  • Wi-Fiについて(1回)

アパートのWi-Fiやカフェや大学にあるWi-Fiについて書きます。

 

  • ごみについて(1回)

ゴミ袋・ゴミの出しかた

 

  • トイレについて(1~2回)

トイレの使いかた(注意事項)。使えるフレーズ。

 

  • スーパーおよび食事(1回)

スーパー・カフェ・食堂(Универсам, Продукты, Кафе, Столовая)

ほとんど日本と変わりません。それらで必要な超簡単なフレーズを紹介します。

 

ロシアにはいくつかの交通機関があります。例えば、地下鉄やバスや路面電車などです。私はいままで路面電車しか使っていません。ですので路面電車の使いかたを書きたいと思います。

ちなみに地下鉄はいままで使っていません。なぜなら私は上りのエスカレーターに乗るのが怖いからです。ロシアの地下鉄は宮殿みたいなとても綺麗なものであると聞いたことがあるので、日本に帰る前に一度地下鉄を使ってみたいとは思いますが。

 

  • ロシアでは英語は通じないのか?

大学の先生や在日ロシア人や父親などあらゆる人々から「ロシアではロシア語しか通じない。」「英語なんて話せる人はいない。」「ロシア語ができなかったらお前は人間としてもみられないぞ。」等々の脅迫を私は散々受けました。

一方である人は「昔はロシア語しか無理だったけれども、最近の若者は英語を話すことができるから大丈夫だよ。」とのことを私に言いました。

では、果たしてそれは正しかったのでしょうか?それとも間違っていたのでしょうか?

 

----答えは、まぁ、ロシアでの英語の通じなさ・ロシア人の英語のできなさレベルは日本人と同じということだと思います。

 

1.2 ロシア・ロシア人あるある

  • ロシアあるあるとロシア人あるあるを書きます。(1~2回)

 

2. 語学・ロシア語

語学は基本的にはロシア語と英語です。しかし、他にもドイツ語とフランス語とラテン語ギリシャ語を書きます。

2.1 ロシア語

  • ロシア語の心得 -- ロシアに縁もゆかりも思い出もないこの私が、最低限度のロシア語を学ぶための心得

Die Grammatik ist die Kunst des ökonomisches Denkens.

 

  • オススメのロシア語辞典(1回)

 

  • ロシア語の便利な表現(1回~)

旅行で使えます。

 

  • ちょっとした言葉(1回~)

 

  • いろいろなロシア語の表現(1回~)

 

  • 持っている(У Кого-чего)(1~3回ほど)

英語やドイツ語では「持っている」と言うとき、動詞HaveやHabenを使います。対して、ロシア語ではHaveに相当する動詞はありません。動詞を使わずに「持っている」ということを表します。

 

  • 疑問詞 I (基礎編)(1~2回ほど)

 いわゆるW5H1について書きます。

 

  • 疑問詞 II (発展編)(1~2回ほど)

W5H1以外の他の表現を書きます。

特に、「いつから」や「いつまで」の言いかたは、とても便利です。英語などにはあまりない表現です。

 

  • 助動詞(can, should, must, etc.)(1~2回ほど)

「できる」や「すべき」などの表現です。英語と違いロシア語では違った言いかたです。そのへんはめんどくさいですが重要なので書きます。

 

  • ロシア語文法の専門用語一覧(1回~未定)

 

 

  • 学問分類一覧(1回~未定)

例えば、数学(Математика)とか科学(Наука)とかの学問に関するロシア語を書きます。

 

  • 間違えやすいロシア語の動詞--идти,ходить,ехать,ездить,есть,хотеть(1~3回ほど)

私が言いたいのは通常ロシア語を学んでいるときに言われることではありません。つまり、「(歩いて)行く」というのは2つの動詞идтиとходитьがあって、その使い分けが間違えやすい(同様にехатьとездитьの使い分けが間違えやすい)ということを言っているのではありません。そんなことは瑣末なことですし私が書こうとしている記事とは関係がありません。その証拠にそれら4つの動詞の他にхотеть(want)とесть(eat)もここには書かれているからです。

そうではなく、そもそもこれら動詞は(1)最重要な動詞であること(2)格変化が難しいこと(3)それぞれ格変化するたびにアクセントが移動すること(4)格変化すると語幹の字も変わること、そしてなにより(5)それぞれの言葉の音が似ているために、ちゃんと言うことも聞き取ることも、とても難しいことです。

このようなことを徹底的に分からせることが何よりも大切なのに、大学の連中や在日ロシアの連中はそういうことは教えず、枝葉末節でくだらないことしか教えない。だから、学んだことが実生活に全く役に立たない。

 

これが最も大切です。というか、こういうことぐらいしか語学には興味がわかないですよね。

 

  • ロシア語での体調についての表現(1~3回ほど)

先月、1週間ほど風邪でぶっ倒れていたので、その経験をもとに体調についての表現を書きます。

 

 

2.2 英語

  • 役立つ表現(1回~)

 

  • 数学英語(数学を英語で表すために必要なフレーズ)(1回~)

 

 

3. 論理学

I'm studying about Axiomatic Method with A.Rodin.

3.1 Stone Spaces

I will write about Stone Spaces, making reference to Vicker's book"Topology via Logic" and P.Johnstone's book"Stone Spaces".

 

3.2 Topos Theory

 I will write about Topos Theory, especially Internal Logic, making reference to P.Johnstone's book"Topos Theory" and R.Goldblatt's book"Topoi" .

 

3.3 Category Theory

I will write about Category Theory, making reference to H.Simmons' book"An Introduction to Category Theory" and some books on the Internet.

 

3.4 Hyperdoctrine and Homotopy Type Theory

 

 

4. 哲学

4.1 数学の哲学

A.Rodinの論文や本を参照に数学の哲学について書きます。

 

 4.2 科学哲学

P.Wignerの論文やM.Steinerの本や論文を参照に科学哲学について書きます。

 

 

5. その他(雑感)

そのほかは適当なことを書きます。これまで考えていたことやこちらに来て改めて考えたことなどを書きます。しかし、本当に書くかどうかは未定です。恥ずかしいですし。

 

  • 英語教育について(グローバル人材とは何か) 
  • カタカナ英語の功罪について
  •  ある思考実験(次のような主張を持つ人をわれわれは反駁できるのか否か)
  • リスクの原理
  • 信念の確定の仕方と説得のための技法
  • なんのための学問か
  • ある論法について(海外を参照する方法)

 

どんなロシア人も俺は信じない。

ロシアの日常

いままでだらだらと過ごしてきた。

自分に対する言い訳はいくらでも作ることができることを知った。

結局、性根はどこに行こうとも変わらないのだと知った。

 

 

たとえば、日本にいたときセミナーの準備はその前日かもしくは当日にしていた。明日やろう明日やろうと思ったら、結局直前までやらず、準備不足だからうまくいかない。その日は猛烈に後悔してもうこんなことはせず、毎日セミナーのための準備をしようと思っても、また翌日から別の好きなことをする。そうしていつも繰り返してきた。

人や場所が変わったら、自ずとこんな習慣も変わるだろうと思った。必要は努力の母だから。日本でのセミナーは日本語でするから、直前での勉強でも間に合うと思い自堕落が生じる。対して、こちらに行けばセミナーは英語でするから、必然的に毎日セミナーの勉強をするのだと。

 

f:id:yoheiwatanabe0606:20161124011220j:plain

しかし、結局セミナーの準備は当日なんとかして、それ以外はだらだらと過ごしていた。結局、何も変わっていなかった。

 

 

今年の4月からロシア語の勉強をしている。こちらに来た後も週に2回ロシア語のレッスンを受けている。もちろん、宿題もレッスンの当日にささっとする、これも4月から今まで何も変わっていない。毎日ロシア語を勉強することがいいことなどあきらかなのに。

ロシア人と仲良くなっていないし、友達もまだ出来ていないし別に出来なくてもいいと思っている。なぜなら、俺は連中たちを端から信じていないから。

ロシアがどんなところかなんて行かなくてもなんとなくわかるし、それはいわゆるおそロシアだ。そんな連中を俺は信じていない、誰も。

俺はロシア語やロシアの文化や伝統などこれっぽっちも興味ない。せいぜい、美味しいロシア料理を満足するまでたらふく食うことぐらいしか興味がない。

 

 

おとといから毎日論文や論理学や数学を勉強している。難しい。けども楽しい。そして、やることが多すぎる。でもそれらをもっとしたいと思う。なぜなら俺はそれが興味あるから。

対して、ロシア語にはそんなやる気は生まれない。たとえ、単語の暗記や文法の勉強やリスニングの練習や発音の練習など、やることが多すぎても、思うことはただ1つ。めんどくさいしどうでもいいと思う。なぜなら俺はそれに興味がないから。

 

 

俺はなんのためにここへ来た?やるべきことをやりに来たはずだ。それは何か?まだ決まってはいない。だが、これだけは言える。

俺はロシアのことを学ぶためにここに来たのではないと。

 

久しぶりの記事(雑文)

その他(others)

おはようございます。ご機嫌いかがでしょうか。

一ヶ月以上更新していませんでしたが私は元気です。下痢や便秘の繰り返しですが。

f:id:yoheiwatanabe0606:20161111013255j:plain

 

 

ブログを更新していなかった理由はいくつかあります。といっても一番の理由は私にとってブログはあわないということに過ぎません。つまりめんどくさいということです。

一方で留学で体験したことなどいろいろなことをブログに書きたいと思いましたが、他方でいざ書こうとして少し推敲すると、たいしたことではないと悟ってしまい全然うまくいきません。

とっさに思いついた意見も少し日を改めるとまったくの愚見ということが毎回です。で、結局書かないということになってしまいます。

 

しかし、それでもいま言えることは次のことです。つまり、

自分の感覚を大切にすること。自分の感覚が他の人と同じではないことを自覚すること。

 

自分が見たり聞いたり感じたりすることは唯一無二である。だから、この体験やこの体験に基づく自分の意見は大切である。しかし、だからと言って自分の感覚を絶対化することすべからず。なぜなら、もしかしたら自分の思い違いや偏見がまざったうえでの意見かもしれないからである(体験そのものはおそらく事実だろうが、そのもとでの自分の意見はしばしば偏見に満ちていると思う)。常に他の人とは感覚は違うことを自覚せよ。

 

意見の確定と疑念の繰り返しであると。

 

 

サンクトペテルブルクに着いてすること。

ロシアの日常

こんにちは。

サンクトペテルブルクに着いて何もかもが初めてづくしなのでバタバタしていましたが、いちおう一通り終わりました。こちらに来て2週間過ぎて少し慣れましたので、これから以下の内容をブログを書きます。

 

(1) サンクトペテルブルクまでの行き方。

 

(2) 短期的な課題: SIMカードを買う。 お金をおろす。スーパーで買う。トイレ。

 

(3) 中期的な課題: 家賃の支払い。学費の支払い。郵便局での日本からの荷物の受け取り。ゴミの出し方。消耗品の買い出し。

 

(4) 2週間過ごして思ったロシアやロシア人に対する感想。

f:id:yoheiwatanabe0606:20160926215919j:plain

 

サンクトペテルブルクに着く。

ロシアの日常

こんにちは。

近況報告です。

 

9/9(金)に成田空港を出発。同日にヘルシンキに着く。空港についてヘルシンキ中央駅に行こうと電車に乗った。しかし、駅には改札がなくて驚いた。無銭乗車はいけないだろうと思ったから近くにあった自動のチケット売りのようなところに並んだ。前にいた人はうまくチケットを購入することができず困惑して一言「クレイジー」と言った。このチケット売り場は現金が使えないようでビザカードを使った。結局ヘルシンキ中央駅にも改札がなかった。もしヘルシンキに行くなら、電車の乗り方などを調べでから行ったほうがいいかもしれない。

なんとかヘルシンキのホテルに入ってチェックインした。ホテルの人は親切で優しい人だった。私が「パイヴァー(こんにちは)」や「キートス(ありがとう)」と言えば、笑顔で返してくれた。

9/10(土)電車(Allegro)でサンクトペテルブルクに着く。

電車内での入国審査は難しいと思っていたが、それほどでもなかった。もしロシア語がわかっていたら、入国審査の人との口頭だけでことが済む。しかし、ロシア語がわからなかったら、意思疎通はできないため、結局カバンをチェックされる。「私は薬を持っている」とでも言ったら余計に面倒になると思ったから、「あっち(荷物置き場)に私のカバンがあります。棚上のものと合わせて全部で4つあります。」しか言わなかった。フィンランドの乗務員が素晴らしく優しい人であった。もちろん英語を喋るし、丁寧にジェスチャーしてくれるし「キートス」と言えば笑顔で返してくれた。ロシアの乗務員にいい印象は生まれなかった。英語はワンフレーズしか喋れないしもちろんこちらが「スパシーバ」と言っても笑顔で返すわけもなく仏頂面。まあ、そういうもんだ。

まだまだ忙しい。

f:id:yoheiwatanabe0606:20160913155857j:plain

 

実験2 ブログの使い方

実験メモ

1.目次の改定

もう少しきれいな目次をつくる。 初期設定されていたドットを取り除き、囲みとかつくりたい。なんかいじくればできるそうだ。デザイン→カスタマイズ→デザインCSSに入って、以下のように変更する。

.table-of-contents{
background-color: #ffffff;
}.table-of-contents li,

.table-of-contents ul{
list-style-type: none;
}
.table-of-contents:before{
content: "本日のお品書き";
font-size: 120%;

 

囲いの色は#ffffffを変更すればよく、目次の項目は"本日のお品書き"を変更すればよい。

 これで、TeXっぽくできる。

 

2.天気のグラフ

 今日の天気や温度をグラフ化してブログにいれたい。

もう少し時間がかゝる。

 

3.過去の記事をリンクする

こちらみたいなリンクをつくる。前の記事などのリンクをつくりたい。

 こちら

まず、リンクにしたいURLをコピーする。[コピーしたURLをペイストする:title=こちら]とすればいい。

4.カテゴリ、サブカテゴリを右端につける

今のブログにはカテゴリやサブカテゴリが横にない。それらをつけたい。名前の順やABC順につくりたい。

難しい。カスタマイズからサイドバーをひらいたら、いろいろ追加できるが、横に置くとかはデザインテーマを変えない限りできない。

 4.1.サブカテゴリはつくれるのか?

多分無理。

4.1.1.それではサブサブカテゴリはつくれるのか?

わからへん。

5.脚注

ボタンを押せば簡単にできる。*1

 

天気: まだできない。
写真: 

f:id:yoheiwatanabe0606:20160808214534j:plain

食事: のびきったお蕎麦
お金: 使う。
睡眠時間: 3時間以内。
お腹の調子: 下痢。1日3回下痢。お腹が痛くなって途中で地下鉄を降りる。
今日のひとこと: Omnes Scientiae Mathematicam ducunt.

*1:へ〜。そいつはすげーや。