疑念は探究の動機であり、探究の唯一の目的は信念の確定である。

2016年9月から2017年6月までロシアのサンクトペテルブルク大学に遊学(私費留学)します。数学の哲学や論理学やHyper doctrineやHomotopy Type Theoryを学びに行きます。ロシアの生活から勉強についていろいろ書きたいと思います。どんなことでも何かコメントいただけるとうれしいです。特に、勉学のことで間違いなどあったらご指摘いただけると幸いです。 よろしくお願いします。くりぃむのラジオを聴くこととパワポケ2が人生の唯一の楽しみです。あと、ロシア人の悪口をボロクソに書きますので。

実験5 はてなブログで表(テーブル)を作る。

Excel to Tableというのを使えばよい。

Excel to Table | Excel表からHTMLテーブルへ一発変換 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited

 

ExcelでもNumbersでもいいから作った表をHTMLテーブルへ変換する。

変換したものをコピーして、はてなブログの"HTML編集"にペイストする。

プレビューで確認する。思っていたのと違っていても、"編集"のところで調節できる。

 

(1) 編集前

 PresentPastFuture
Can can could will be able to
Should should should have done should be able to
Must Have to must have to had to will have to
Need(to) need(to) needed(to) will have to

 

 

 

 

 

 

(2) 編集後

Can, Should, Must, Need


 
PresentPastFuture
Can        can        could    will be able to
Should     should should have done should be able to
Must, Have to must, have to        had to    will have to
Need(to)    need(to)     needed(to)    will have to