疑念は探究の動機であり、探究の唯一の目的は信念の確定である。

数学・論理学・哲学・語学のことを書きたいと思います。どんなことでも何かコメントいただけるとうれしいです。特に、勉学のことで間違いなどあったらご指摘いただけると幸いです。 よろしくお願いします。くりぃむのラジオを聴くこととパワポケ2が人生の唯一の楽しみです。

実験(8): はてなブログに圏論に必要な数式を書く

 こんにちは。今回ははてなブログに数式を書く方法をまとめます。ただし、ここでの数式は圏論に必要なものです。

結論を言えば、スクリプトのCや矢印の上に関数fを書くことはできますが、図式(diagrams)を書くことはできませんでした。

 

たくさん打ってみる。

(1): [t_x: \bf{C}]

 

(2): [t_x: \mathscr{C}]

 

(3): [t_x: \mathcal{C}]

 

(4): [t_x: f: A\to B]

 

(5): [t_x: f: A\gets B]

 

(6): [t_x: f: A\leftarrow B]

 

(7): [t_x: \stackrel{f}{A\to B}]

 

(8): [t_x: \overset{f}{A\to B}]

 

(9): No: [tex: A\xrightarrow{f} B]

 

(10): [t_x: \underset{f}{A\to B}]

 

(11): [t_x: A\xrightarrow f{}B]

 

(12): [t_x: f,g: A\rightrightarrows B]

 

(13): [t_x: A\overset{f}{\underset{g}{\rightrightarrows}}B] 

 

(14): [t_x: A\overset{f}{\underset{f^{-1}}{\rightleftarrows}}B]

 

(15): [t_x: f^{-1}\circ f = 1_{X} \t_xt{and}\,f\circ f^{-1} = 1_{Y}]

 

(16): No:

[tex: \displaystyle \xymatrix{

A & B

}]

 

(17): [t_x: A\overset{f}{\to}B\overset{g}{\to}C]

 

(18): [t_x: F: \bf{C}\to\bf{D}]

 

(19): [t_x: \displaystyle p(Y, X) = \frac{p(X I Y) p(Y)}{p(X)}]

 

(20): [t_x: $f: A\to B$]

 

 tとxの間にeを入れてください。そのままタイプしたやつをそのまま表示することが私にはできないので。

LaTeXは数式を書くとき、必ず、$(ドル)で囲まなければなりませんが、はてなブログではそのひつようはありません。これは困りますね。

 こんな感じに表示される。

(1):  \bf{C}

 

(2):  \mathscr{C}

 

(3):  \mathcal{C}

 

(4):  f: A\to B

 

(5):  f: A\gets B

 

(6):  f: A\leftarrow B

 

(7):  \stackrel{f}{A\to B}

 

(8):  \overset{f}{A\to B}

 

(9): No: [tex: A\xrightarrow{f} B]

 

(10):  \underset{f}{A\to B}

 

(11):  A\xrightarrow f{}B

 

(12):  f,g: A\rightrightarrows B

 

(13):  A\overset{f}{\underset{g}{\rightrightarrows}}B

 

(14):  A\overset{f}{\underset{f^{-1}}{\rightleftarrows}}B

 

(15):  f^{-1}\circ f = 1_{X} \text{and}\,f\circ f^{-1} = 1_{Y}

 

(16): No:

[tex: \displaystyle \xymatrix{

A & B

}]

 

(17):  A\overset{f}{\to}B\overset{g}{\to}C

 

(18):  F: \bf{C}\to\bf{D}

 

(19):  \displaystyle p(Y, X) = \frac{p(X I Y) p(Y)}{p(X)}

 

(20):  $f: A\to B$

 

僕から以上。